時計界の救世主

クォーツ危機を乗り越え、クロノマットを復活させた時計界の救世主

1978年、ブライトリングは存亡の危機を迎えていました。

創業から3代目のウィリー・ブライトリングは健康を害し、後継者はおらず、他のブランド同様にクォーツショックやオイルショックに端を発するスイス時計業界の不況に瀕死の状態に追い込まれていました。。。。。。。

 

そんなブライトリングの救世主となったのが4代目の経営者をなったアーネスト・シュナイダーでした。

ernest-schneider

1921年生まれの彼は、電子工学の専門家であり、家業の時計メーカーであるシクラ社でクォーツ時計を製作していて、時計ビジネスにも精通していました。

自家用機を操縦するパイロットでもあり、会社の経営を引き継ぐことができる資産もありました。

ブライトリングを継承する打診を受けたシュナイダー氏は、

「パイロットとして自分の飛行機を操縦していた私は、当時、ライバル関係にあったブライトリングの機械式クロノグラフを数本持っていて、実は内心非常にリスペクトしていました。

その話を聞いた時から、ブライトリングという時計を自分が作ることへの情熱みたいなものが、心の中で日増しに高まっていくのを感じました。」

と振り返っています。

 

ブライトリングを引き継ぐにあたってウィリー・ブライトリングが問題と考えていたのは、既存の顧客へのアフターフォローについてでした。

しかし、ウィリー・ブライトリングに引き合わされたシュナイダー氏は、

「私は現在のブライトリングを引き継ぐのではありません。過去の伝統も含めたブライトリングの全てを引き継ぐのです。」

といって、自身が開発したわけでもなく販売したわけでもない、詳細を知り尽くしているわけでもない過去に販売した腕時計のアフターサービスもひっくるめて、1979年にブライトリングを継承しました。

ウィリー・ブライトリングは心から安心したことでしょう。

数か月後にウィリーは他界しました。

 

承継したシュナイダー氏には、新生ブライトリングを象徴するクロノグラフの開発が、大きな課題となりました。

イタリアから転機となるオファーがもたらされたのは1982年のことです。

イタリア空軍アクロバットチーム、フレッチェ・トリコローリのオフィシャル・クロノグラフの公募があったのです。

シュナイダー氏はイタリアに飛び、空軍のパイロットたちに話を聞き、彼らのニーズを徹底的にヒアリングしました。

その結果、10G以上にもなる重力に耐えられる屈強さ、視認性や操作性に加えて、非常に細かい部分まで拘り抜いたクロノグラフが出来上がりました。

製作されたプロトタイプは100以上に及びます。

それを改良に改良を重ねてクロノマットの完成へとこぎつけました。

最高のクロノグラフを作りたい」というシュナイダー氏の強い思いが込められたクロノマットは、市販されると、クォーツ全盛の時計史上で爆発的な人気を得ることになりました。

シュナイダー氏は

「私が守ったことは絶対にクオリティを落とさないことでした。

それが最終的に信頼につながったのだと思います。」

と語っています。

 

こうして圧倒的な顧客の支持を得たクロノマットは、機械式時計復活の中心的存在になりました。

130年の歩み

1884年、ブライトリング創業者レオン・ブライトリングは、スイス・ジュラ地方の小さな村サンティミエに時計工房「G.レオン・ブライトリング」を開きました。

直ぐに工房は手狭となったため、ラ・ショー・ド・フォンのモンブリラン通りへ移転し、「レオンG・ブライトリング」に改名します。

60名もの従業員がいたそうですが、成功の背景にはレオンが世界のスピード化に共鳴して描いた精密計測時計の夢がありました。

1886年、ドイツのカール・ベンツが世界初の3輪ガソリン自動車を発表、1903年にはライト兄弟が人類初の動力飛行に成功しました。

時代のスピード化の応じてクロノグラフの開発を進めたブライトリングは、製品を各地の展示会に出展し、数々の賞を獲得しました。

 

1914年、第一次世界大戦が起こり、兵士に対して「トレンチ・ウォッチ」が大量供給されます。

「トレンチ」とは、戦時、歩兵が砲撃などから身を守るために使う穴=塹壕のことです。

当時は懐中時計しかありませんでしたが、作戦のための時間を正確に知るために懐中時計を腕に巻き付けるようにしていました。そこから開発されたのがトレンチ・ウォッチです。

1914年レオンの息子ガストンが事業を引き継ぎ、同年腕時計サイズの30分積算系搭載クロノグラフを発表しました。

良く5年には、リューズとは別にクロノグラフ用のスタートボタンを持つモデルを実現しています。

 

1927年、リンドバーグが大西洋単独無着陸横断飛行に成功しました。同年、ガストンが亡くなり息子ウィリーが引き継ぎます。

この間もクロノグラフの開発は続けられ、1934年に独立したスタートとリセットのボタンを持つモデルが誕生します。

1942年には回転計算尺搭載の「クロノマット」が発表され、航空用クロノグラフの新時代の幕開けとなりました。

事実、航空界の発展はスピードを増し、大量輸送時代へと突入していきます。

1947年、米軍のイェーガー大尉が史上初の有人超音速飛行に成功し、1952年には英国デ・ハビランド社の「DH・106コメット」が世界hつのジェット旅客機の営業運航を開始しました。

この年、ブライトリングの旗艦モデルの一つである「ナビタイマー」が誕生します。

これは高度な航空用回転計算尺と30分・12時間の積算計も備えた本格的な航空用クロノグラフでした。

 

一方で防水性の追求も進み、1957年には200m防水の「スーパーオーシャン」をリリースします。

防水機能と同時に大戦後の市場を席巻していた自動巻き時計ですが、クロノグラフは複雑な機構のため1960年代になっても自動巻き化が実現していませんでした。

これに挑戦したのがブライトリングであり、ホイヤーやハミルトンと共同して1969年に世界初の自動巻きクロノグラフ機構を開発し、自社から「クロノマチック」を発表し、クロノグラフの近代化に貢献しました。

 

しかし、1970年代になると圧倒的高精度を持つクォーツ時計が急激に普及し、スイスの時計業界は壊滅的な打撃を受けてしまいます。

ブライトリングも例外ではなく、ウィリーの健康状態も悪化し事業継続が非常に難しい状況となりました。

そこでウィリーは、1979年4月に精密機械工学と電子工学の専門家アーネスト・シュナイダーに経営を委ねる決断を下さしました。ウィリーに後継者がいなかったことも一族以外の者を迎え入れる決断に影響しているでしょう。

 

アーネストは工房をグレンヘンに移し、機械式と電子式の両分野で新作を開発してブランドを再生する戦略を実行しました。

ブライトリング創業100周年の1984年には、イタリア空軍の「フレッチェ・トリコローリ」の公式クロノグラフ選定に応えて開発した新型機械式クロノグラフ「クロノマット」を発表し、翌年には斬新なクォーツクロノグラフ「エアロスペース」や原点回帰の代表作「オールド・ナビタイマー」もリリースしました。

1994年には、アーネストの息子セオドア・シュナイダーが経営を譲り受けます。

セオドアはブライトリングに来る前は高級時計会社で働いていた経験を活かし、製品の高品質化とラインの再構築を指揮しました。

セオドアは「プロのための計器」をコンセプトに航空関係の活動を世界規模で行い、次々に空軍限定モデルを発表します。

1995年には世界初の国際遭難信号発信機搭載の腕時計「エマージェンシー」も発表しました。

そして1999年、ブライトリングは前人未到の二つの挑戦に成功します。

それは熱気球による世界一周無着陸飛行「オービター3」と、全製品をスイス公認クロノメーター検定合格品とする「100%クロノメーター化宣言」です。

その実現のため、ブライトリングは本社工場を完全リニューアルしたほか、2002年にはムーブメント工場「ブライトリング・クロノメトリー」をラ・ショー・ド・フォンに建設しました。

 

同2002年にはイギリスの名門自動車メーカー、ベントレーとのパートナーシップを発表し、「ベントレー コンチネンタルGT」のダッシュボード・クロックを製作、翌03年には初の市販モデル「ブライトリング・フォー・ベントレー/ベントレー・モーターズ」が発表されました。

 

2004年には更なる飛躍を目指すためムーブメントの開発に着手し、2009年に初の完全自社開発・自社製造ムーブメント「キャリバー01」を発表しました。

breitling-caliber-01

このキャリバー01はクロノマット44やナビタイマー01に搭載されています。

2013年にはブライトリング・ジェットチームが初のアジアツアーで日本にも飛来し、日本の空でアクロバット飛行を披露してくれました。

特に東日本大震災で甚大な被害を受けた福島で飛行を披露してくれたことは、心に大きな傷を負った福島の方々に笑顔を取り戻させてくれる大変嬉しい出来事でした。

日本での飛行地として福島を選んでくれたブライトリング・ジェットチームに心から感謝いたします。

 

空軍オフィシャルウォッチ

世界の収容国の空軍には、規模の大小こそありますが、ほぼ例外なくアクロバティック・チームが存在します。

日本の航空自衛隊で言えば、宮城県松島基地所属の「ブルー・エンジェルス」がそうですね。

日本の航空自衛隊でもそうですが、アクロバティック・チームではなく「戦術研究舞台」です。

とはいえ、世界各地で開催される航空ショーやイベントでは、そのトップクラスのパイロットたちが繰り広げる飛行演技を見ることができます。

また自国の最高技術を駆使した戦闘機を披露しあうことは、見ている観客を楽しませるだけではなく、オープンな情報交換の場として国家間の親善を深める重要な役割も果たしています。

その各国のアクロバティック・チームの公式時計としてブライトリングが採用されるケースが非常に多くあります。

(日本のブルーエンジェルスの公式時計は、やはり日本のメーカーのシチズンから出ています。)

1992年、米国空軍の依頼により製作したブルーエンジェルス(アメリカ海軍)・モデルを皮切りに、他のチームからも依頼が相次いだそうです。

ブライトリングでは各軍の要請に対し、通常モデルの文字盤に各国空軍のエンブレムなどを施した特別バージョンとして提供しています。

スペックは標準モデルと変わりがないので、このこと自体が、最高レベルの精度を必要とする公式ウォッチとしての水準をブライトリングは量産モデルでしっかりとクリアしていることの証明となりました。

ブライトリングの時計は、トップパイロットのパートナーとして世界中の空軍で愛用されています。

 

blue-angels-fa-18-honet-montbrillant-1996

Blue Angels F/A-18 Honet  Montbrillant-1996

アメリカ海軍が誇る最強のアクロバティックチーム「ブルーエンジェルス」の公式ウォッチはモンブリランがベースになっています。

snowbirds-canadaie-ct-114-tutor-olanavitaimer-1995

SnowBirds Canadaie Ct-114 Tutor OldNavitaimer-1995

カナダ空軍所属の「スノーバーズ」

その結成25周年モデルはオールド・ナビタイマーがベースになっています。

日本に入荷したのは180本でした。

patrulla-aguilaq-casa-c-101-navitimer92-1995

PATRULLA AGUILA Casa C-101 Navitimer92-1995

スペイン空軍アクロバティックチーム「パトレーラ・アギュラ」の結成10周年を記念したモデル。

patroulle-suisse-f-5e-tiger%e2%85%a1-oldnavitimer-1993

PATROULLE SUISSE F-5E TigerⅡ Oldnavitimer-1993

「オアトレイユ・スイス」はスイスが誇る飛行チーム

ブラック基調のボディにスイス国旗の赤いエンブレムが映えています。

breitling-chronomat-44-gmt-patrouille-suisse-50th-anniversary

Patrouille Suisse 50th Anniversary

「パトレイユ・スイス」の50周年記念モデル。

ベースはクロノマット44GMTです。

patroulle-de-france-dassault-dornier-alphajet-oldnavitimer-1993

PATROULLE DE FRANCE Dassault-Dornier Alphajet OldNavitimer-1993

フランス空軍しょぞく「パトレイユ・ド・フランス」のオフィシャルウォッチ。

エンブレムはチームが使用するアルファジェットです。

top-gun-u-s-navy-fighter-weapons-school-navitimer

TOP GUN U.S.Navy Fighter Weapons School Navitimer92-1996

そして、トム・クルーズが主演した映画「トップ・ガン」で有名になった、アメリカ海軍のエリートパイロット養成スクール「TOP GUN」のオフィシャルウォッチ。

こちらのベースはナビタイマー。

top-gun-u-s-navy-fighter-weapons-school-chronomat44

そして同じくトップガンモデル。

こちらのベースはクロノマット44。世界限定500本。

 

いずれも世界限定生産で生産本数も少ないため超希少です。

eBayなどに出てくれば、儲けものですね・・・・・・・

ナビタイマーの歴史

クロノマットの誕生から10年後の1952年。

ブライトリング社3代目のウィリー・ブライトリングは、時計業界の歴史に輝かしい金字塔を建てた「ナビタイマー」という第2の傑作を世に送り出しました。

その時代は、世界初の民間ジェット旅客機コメットが就航し、本格的なジェット機時代が幕を開けた時代でした。

クロノマットは、乗除や速度が計算できる初の回転計算尺搭載のクロノグラフでしたが、ナビタイマーはそれをさらにプロフェッショナルユースに進化させた回転計算尺を搭載していました。

アメリカ海軍のウィームス大佐が考案した航法用計算尺E6Bは、上昇・下降時間、消費燃料、速度などフライトに関するあらゆる計算が可能になった計算尺ですが、その計算尺を「タイプ52」と命名してナビタイマーに搭載したのです。

新開発のナビタイマーが、パイロットたちに広く受け入れられたのはもちろんのこと、その信頼性の高さからAOPA(国際パイロット協会)の後任クロノグラフにも選出されました。

1960年代になると、人々の夢は空から宇宙へと移っていきます。

宇宙開発競争が激化してきた1962年、ブライトリングは「コスモノート」を発表しました。

コスモノートはその名のとおり宇宙飛行士のために開発されたモデルで、昼夜の区別がつかない宇宙空間でも、現在時間を判別するために24時間表示としたクロノグラフでした。

実際、NASAのマーキュリー計画では、オーロラ・セブンのスコット・カーペンター船長がコスモノートを腕に着けて地球周回軌道の飛行に成功しました。

また、世界中が人類初の月面着陸に驚喜している1969年には、スイス時計協会に更なる激震が走りました。

ブライトリング、ホイヤー=レオニダス、ビューレンの共同開発によって、世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントが完成したのです。

「キャリバー11」と名付けられた子のムーブメントはナビタイマーにも搭載され、「ナビタイマー・クロノマチック」として発表されました。

1970年代になるとLEDやLCDの技術を取り入れたナビタイマーを始め、時代の流れを反映したユニークなデザインの時計が多数登場しました。

 

しかし、そのころ世界の時計業界はクォーツ一色への染まりつつありました。

日本の時計メーカーによるクォーツ攻勢によって、ブライトリングも大打撃を受け、1979年にはついに工場閉鎖へと追い込まれました。

そのころブライトリングを率いていた3代目のウィリー・ブライトリングには後継者がいなかったため、彼は早急に探し出す必要がありました。

その後継者探しの条件として彼が外せないものとして考えていたのは、時計のメカニズムを理解していることはもちろんのこと、新たな潮流となっているクォーツなどの先端技術にも対応できること、そして何よりも飛行機を愛していること、でした。

しかも経営を受け継ぐにはそれだけの資金を持っていることも必要です。

5年以上も探し続け、ブライトリング社の広告を担当していたジョージ・カスパリ氏から、軍隊時代の友人であるアーネスト・シュナイダー氏の紹介を受けます。

アーネスト・シュナイダー氏は非常に悩んだそうですが、一方で、パイロットでもある彼はブライトリングの時計を複数本所有するなど、優れた時計ブランドとして尊敬していました。

ウィリーの情熱、そしてブライトリングという時計を自分で作ることへの情熱に突き動かされたアーネストはブライトリングを受け継ぐことを決意します。

こうしてパイロットウォッチの名門ブライトリングは、ギリギリのところで倒産を免れました。

 

再びナビタイマーが姿を現すのは1985年のことです。

事業を引き継いだアーネストは、1984年に新生クロノマットを発表すると、翌年には歴史的名作であるナビタイマーを復活させました。

「オールド・ナビタイマー」と名付けられたこのモデルは、新しいスタートを切ったブライトリングの象徴であり、過去から未来への橋渡し的モデルでした。

その後は、コスモノート、モンブリランなど数々の魅力的な派生モデルを発表し、いまではナビタイマー・ラインとして、クロノマットと並び、ブライトリングの旗艦モデルの一翼を担っています。

ブライトリングの超高精度を実現するクロノメトリー

ブライトリングのクロノメトリー

chronometrie1

スイス ラ・ショー・ド・フォンの市街地から車で10分ほど走った、ル・ロックルに向かう幹線道路から少し外れた緩やかな丘陵地に、ブライトリングが誇る「クロノメトリー」が建っています。

ブライトリングが発した「100%クロノメーター化」宣言を実現するために建設された、ブライトリングの心臓部です。

 

何より凄いのは、超精密医療機器の製造と同じレベルで空調が管理されていることです。

クロノメトリー内の空気は空調制御室で洗浄化されたのち、適正な温度と湿度にコントロールされて各ルームに送られます。

その空気は10分で完全に入れ替わります。

更に作業室は外部と気圧の差を設けることにより塵や埃の侵入を防ぐように気圧がコントロールされています。

 

そしてロジスティックルームでは、徹底したクオリティコントロールがされています。

ブライトリングは、ムーブメントのパーツごとにサプライヤーから調達し、ここでアッセンブルしてムーブメントを完成させています。

アセンブル前に各パーツを1点ごとにクオリティをチェックして管理しています。

特に、直接精度を左右するパーツに関しては、コンピュータ管理による最新鋭の検査機によって、全パーツを検査するという徹底ぶりです。

ムーブメントを組み立てる前の段階で、パーツによっては1/1000ミリ単位に及ぶ厳しい基準を設定していて、クリアできないパーツは製造元に返品されてしまいます。

最終的に製品として完成するまでに、2,000項目の検査を行います。

emboitage_dsc5225.jpg

組み立て作業は、熟練の時計職人の長年の経験と技によって高精度に組み立てられます。

cf014761.jpg

組み立てられたムーブメントは、アトリエ・クロノメトリーに移され、ここで限りなく誤差0秒(クロノメーターの合格基準は日差-4~+6秒)を目指して最終調整が行われます。

調整が済んだムーブメントは隣街 ル・ロックルにあるスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)に送られます。

COSCでの検査に合格し、クロノメーターとして認定されたムーブメントは、再びクロノメトリーに戻ってきて、アッセンブル・ルームで文字盤、針が装着されケースに収納され、ブライトリングの高性能クロノグラフの完成です。

Chronomat 41 Airborne  AB01442J-BD26-378A

ブライトリング 腕時計

 

 

 

アヴィエーション

「空」の世界との繋がり

空を飛ぶ  その魅力に惹きつけられた者にとってブライトリングの時計は格別のもの。

ブライトリングほど、アヴィエーション(航空)の世界との関係が密な時計はありません。

1930年代、ブライトリングは航空機の計器パネルに不可欠なダッシュボード・クロックの供給を行いました。

空の上では、地上ではありえない揺れや衝撃、温度変化、強烈な磁場など、あらゆる悪条件が待ち受けるそうです。

そんな悪条件で正確に動く計器を、定評ある精密機器メーカーであり信頼できるスイス時計の作り手に依頼するのは必然だったでしょう。

1936年には、ブライトリングは英国空軍の公式サプライヤーに選定されました。

世界が第二次世界大戦の渦に巻き込まれる中、ブライトリングを求める国と空軍は数を増していきました。

極限状態での信頼性がブライトリングの確固たる地位を築かせたのです。

 

第二次世界大戦の終戦後、ブライトリングは空のプロフェッショナル達の絶大な信頼を得ました。

世界最大の航空機オーナーとパイロットの団体AOPAは、ブライトリング ナビタイマーを公式ウォッチと定めました。

ブライトリングとパイロットの信頼関係はまたも強固なものとなりました。

今や、その製品の大半がパイロットウォッチというブライトリングは、パイロットに敬意を表し、航空の文化を継承するブランドに育ちました。

 

ブライトリングージェットチーム