回転計算尺の使い方

回転計算尺の使い方

1942年、ブライトリングは世界で初めて腕時計に計算尺を搭載しました。

回転計算尺

初代クロノマットに採用された計算尺(タイプ42)は乗除算専用のものでした。

1952年、パイロットウォッチとして発表されたナビタイマーには更に進化した計算尺(タイプ52)が搭載されました。
アメリカ海軍のウィームス大佐が考案した航空用計算尺 E6B を応用した航空航法計算用を採用し、キロメートル(KM)、海里(NAUT)、法定マイル(STAT)換算表示までできるようになっていました。

この画期的発明は、当時のパイロットはもちろん、一般の人たちも熱狂的に受け入れ、世界中で大人気となりました。

タイプ52計算尺は、現在のオールド・ナビタイマーを始めとした各モデルに搭載されています。

スマートフォンにも計算機がついている現代では、腕時計の計算尺を必要とする場面はあまりないでしょう。
しかし、ナビタイマーの計算尺は単なる飾りではなく、1ミリのずれもなく刻まれており、各種計算に利用できる優れものです。
ガソリン消費量計算や、海外旅行中の為替換算などにも利用できるその使用法の一部を紹介します。覚えておいて損はないですよ。
掛け算

単位指標(内側スケールの赤い「10」)を使います。
かける方の数字(×の右側の数字)を外側スケールから探し、単位指標(内側スケールの赤い「10」)と合わせます。
このとき内側スケールにあるかけられる方の数字(×の左側の数字)と向かい合う外側の数字が答えとなります。
例)7×12の場合
外側スケールの12を単位指標(内側スケールの赤い「10」)にセット。内側スケールの7と向かい合う数字84が答えとなります。
割り算

これも単位指標を使用します。
内側スケールの上の除数(割る法の数字:÷の右側の数字)に、外側スケールの被除数(割られる方の数字:÷の左側の数字)をセットし、そのとき単位指標10に向かい合う目盛りが答えとなります。
例)120÷4の場合
内側スケールの4(40)に外側スケールの120(12)をセット。そのとき、単位指標10に対応する外側スケールの目盛り30が答えとなります。
為替レート換算

掛け算・割り算の応用となります。
1ドル=110円だった場合、内側スケールの単位指標10(1ドル)に外側スケールの11(110円)を合わせれば、どの目盛りを見ても内側スケールがドルを、外側スケールが円を指しています。
マイル換算

法定マイル(statute mile)、海里(nautical mile)、キロメートルの換算が簡単にできます。
例えば52海里を法定マイル、キロメートルに換算するには・・・・?
外側スケールの52を内側スケールのNAUT表示に合わせます。このときにSTST表示がさしている60が法定マイル、KMがさしている96がキロメートルになります。
上昇・下降時間の計算

高度・速度・時間のうち2つの数字がわかれば残りの数値を計算できます。
例えば毎分800フィートで飛ぶ飛行機が6000フィートに到達するには何分かかるか?
単位指標10に外側スケールの800(80)をセットし、その際に外側スケール6000(60)がさしている内側スケール7.5(分)が上昇にかかる時間となります。
時速から飛行時間(分)を算出

内側スケールのMPH表示マークで、飛行距離と時速から分単位での飛行時間が計算できます。
時速156マイルで486マイルの距離を飛行するのにかかる時間は・・・・?
外側スケールの156をMPHに合わせます。その際の外側スケールの486(48.6)を指す内側スケールの目盛り、約187(分)が答えとなります。
分速を出す手間がかかりません。

掛け算、割り算などは、いちいちスマホを出して計算機アプリを立ち上げなくても計算できますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です