アヴィエーション

「空」の世界との繋がり

空を飛ぶ  その魅力に惹きつけられた者にとってブライトリングの時計は格別のもの。

ブライトリングほど、アヴィエーション(航空)の世界との関係が密な時計はありません。

1930年代、ブライトリングは航空機の計器パネルに不可欠なダッシュボード・クロックの供給を行いました。

空の上では、地上ではありえない揺れや衝撃、温度変化、強烈な磁場など、あらゆる悪条件が待ち受けるそうです。

そんな悪条件で正確に動く計器を、定評ある精密機器メーカーであり信頼できるスイス時計の作り手に依頼するのは必然だったでしょう。

1936年には、ブライトリングは英国空軍の公式サプライヤーに選定されました。

世界が第二次世界大戦の渦に巻き込まれる中、ブライトリングを求める国と空軍は数を増していきました。

極限状態での信頼性がブライトリングの確固たる地位を築かせたのです。

 

第二次世界大戦の終戦後、ブライトリングは空のプロフェッショナル達の絶大な信頼を得ました。

世界最大の航空機オーナーとパイロットの団体AOPAは、ブライトリング ナビタイマーを公式ウォッチと定めました。

ブライトリングとパイロットの信頼関係はまたも強固なものとなりました。

今や、その製品の大半がパイロットウォッチというブライトリングは、パイロットに敬意を表し、航空の文化を継承するブランドに育ちました。

 

ブライトリングージェットチーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です