ブライトリングの超高精度を実現するクロノメトリー

ブライトリングのクロノメトリー

chronometrie1

スイス ラ・ショー・ド・フォンの市街地から車で10分ほど走った、ル・ロックルに向かう幹線道路から少し外れた緩やかな丘陵地に、ブライトリングが誇る「クロノメトリー」が建っています。

ブライトリングが発した「100%クロノメーター化」宣言を実現するために建設された、ブライトリングの心臓部です。

何より凄いのは、超精密医療機器の製造と同じレベルで空調が管理されていることです。

クロノメトリー内の空気は空調制御室で洗浄化されたのち、適正な温度と湿度にコントロールされて各ルームに送られます。

その空気は10分で完全に入れ替わります。

更に作業室は外部と気圧の差を設けることにより塵や埃の侵入を防ぐように気圧がコントロールされています。

そしてロジスティックルームでは、徹底したクオリティコントロールがされています。

ブライトリングは、ムーブメントのパーツごとにサプライヤーから調達し、ここでアッセンブルしてムーブメントを完成させています。

アセンブル前に各パーツを1点ごとにクオリティをチェックして管理しています。

特に、直接精度を左右するパーツに関しては、コンピュータ管理による最新鋭の検査機によって、全パーツを検査するという徹底ぶりです。

ムーブメントを組み立てる前の段階で、パーツによっては1/1000ミリ単位に及ぶ厳しい基準を設定していて、クリアできないパーツは製造元に返品されてしまいます。

最終的に製品として完成するまでに、2,000項目の検査を行います。

emboitage_dsc5225.jpg

組み立て作業は、熟練の時計職人の長年の経験と技によって高精度に組み立てられます。

cf014761.jpg

組み立てられたムーブメントは、アトリエ・クロノメトリーに移され、ここで限りなく誤差0秒(クロノメーターの合格基準は日差-4~+6秒)を目指して最終調整が行われます。

調整が済んだムーブメントは隣街 ル・ロックルにあるスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)に送られます。

COSCでの検査に合格し、クロノメーターとして認定されたムーブメントは、再びクロノメトリーに戻ってきて、アッセンブル・ルームで文字盤、針が装着されケースに収納され、ブライトリングの高性能クロノグラフの完成です。

Chronomat 41 Airborne  AB01442J-BD26-378A

ブライトリングの腕時計